TSG早川会計|ロゴ

静岡県浜松市の会計事務所 TSG早川会計|税務・会計・月次監査・相続・コンサルティング・会社設立などのサポートをいたします。

貸借対照表に注目しよう

毎年貸借対照表の動きを確認している中小企業の経営者や幹部の方はどれくらいおられるでしょうか。損益計算書ばかり見ていないでしょうか。
例えば、経理担当者に利益が出ているのに何でお金が足りないんだと文句を言っていませんか。もちろん資金繰り表を作成してお金の動きを把握することも重要なことですが、まずは貸借対照表の内容を確認することも非常に大切です。
経理担当者や会計事務所任せにせず、経営者や幹部の皆さんも貸借対照表をきちんと理解しましょう。

<Ⅰ> 資産の動きに注目
貸借対照表に示された科目や残高には、それ自体とても意味のあることですが、この残高には必ず過程があります。まずは代表的な科目の過程に注目してみましょう。
1.現金・預金
一番大事な貸借対照表の資産項目です。会社はお金で始まりお金で終わるといっても過言ではありません。
いくら利益が出ていてもお金が減少していることもあります。お金が無くなると死(倒産)が訪れます。「現金・預金」残高には常に増加傾向が望ましいですが、減っている場合にはなぜそうなったのか原因や過程を確認する癖をつけておきましょう。
2.売掛金
貸借対照表の資産項目です。製品・商品の販売やサービスの提供など、企業の主たる営業取引から発生する未回収のもので通常一年以内に現預金で回収が見込まれるものです。利益が出ていても、この残高が増えている場合にはお金が足りなくなる可能性もあります。少しでも増えてきていれば過程を確認し、いつ発生したものか、本当に回収できているかを確認する癖をつけておきましょう。
3.借入金
貸借対照表の負債項目です。まずは、金融機関からの借入金なのか、役員からの借入金や関係会社からの借入金なのか把握しておく必要があります。出来れば役員からの借入金は、役員借入金、関係者からの借入金等科目を区分しておくとよいでしょう。
さて、残高を確認した時に、借入金三千万円と記載されているとします。この残高はもちろん重要ですが、いつ発生したものなのかの過程がさらに重要となります。一年前には五千万円であって二千万円返済して三千万円になったのか、あるいは資金繰りで足りなくなり三ヶ月前に三千万円借りたものなのか。どちらも結果は残高三千万円です。
貸借対照表の数値を眺めているだけでは、本当の姿は見えませんので、過程を必ず確認するようにしましょう。
4.その他
上記 1~3及びその他の科目に共通することですが、動きに注目すると同時に着目していく方が良い点があります。
それは、①本当に存在するものか、②価値はどれくらいのものか、③誰のものか、の3点です。
① 本当に存在するものか
例えば、既に退職していて連絡の取れない従業員への立替金や仮払金、過去粉飾していた場合の売掛金や棚卸資産の残高、既に解約済みの保険積立金等が計上されていませんか。
これらの資産が計上されていると見栄えはよい貸借対照表になっていますが、実際には存在していないもので錯覚を起こしてしまいます。逆に債務も同様です。税務上とも絡みますが計上されていても常に注視しておきましょう。
② 現在の価値はどれくらいなのか
土地や有価証券等は実際には値下がりして半分の価値もないかもしれません。このように①と違って現在ある資産は、本当はどれだけの価値があるのかを概算でも把握しておくのも重要です。
③ 誰のものか
資産だからすべて自社のものだと思っていませんか。借入して購入しているものや、担保に取られている場合、あるいはリース資産等は自社のものでしょうか。実際には、自社のものでないかもしれません。
結局、資産が増えていても自社の努力で増えていない可能性もありますし、そのように考えることも非常に重要です。
<Ⅱ> 貸借対照表の経営指標
貸借対照表の数値のみで分析する経営指標も非常に重要です。実際の会社の数字を分析してみて経営の状態を分析してみましょう。
1.純資産
純資産とは、会社の総資産から総負債を差し引いた純粋な資産価値のことです。言い換えれば資本金 + 過去積上げてきた利益の合計といえます。
中小企業の場合は、会社の売買価値と考えても差し支えありません。もちろん、「純資産」残高は常に増加傾向が望ましく。最低でも横ばいをキープすることが大切です。
2.当座比率
当座比率は企業の支払い能力を示す経営指標です。
当座比率は、一年以内に現金化される流動資産の中でも換金性の高い現金、売掛金、受取手形等の当座資産と一年以内に支払期限が到来する流動負債を用いて算出し、優良水準は一二〇%と言われています。
算式:当座比率 = (当座資産/流動負債)x 100
3.流動比率
流動比率は会社の支払い能力を示す経営指標です。流動比率は、一年以内に現金化される流動資産と一年以内に支払期限が到来する流動負債を用いて算出し、一五〇%以上が望ましいです。
算式:流動比率 = (流動資産/流動負債)x 100
4.固定比率
固定比率は購入した固定資産が自己資金でどの程度まかなわれているかを示す経営指標です。
固定比率が小さければ自己資本の占める割合が大きく、固定比率が大きければ自己資本の占める割合が小さいということになり、一〇〇%以下が望ましいです。
算式:固定比率 = (固定資産/自己資本)x 100
5.負債比率
負債比率は返済義務のない自己資本と返済義務のある負債(他人資本)のバランスを示す経営指標です。
負債比率が小さければ返済余力が高く、負債比率が大きければ返済余力が低いということになり、一〇〇%以下が望ましいです。
算式:負債比率 = (負債/自己資本)x 100
6.自己資本比率
自己資本比率は会社の総資本(負債の部 + 資本の部の合計)に占める自己資本の構成比率のことで、会社の資本力や安定経営の度合いを示す経営指標であり、優良水準は五〇%以上です。
算式:自己資本比率 = 〔自己資本(純資産)/総資本(負債の部 + 資本の部の合計)〕x 100

お問い合わせ|CONTACT

本部・浜松事務所
053-422-3981
浜松葵事務所
053-522-8203

PAGE
TOP